EMIシステムとは

高温高圧加水分解装置「EMIシステム」とは、従来の超臨界システムで は成し得なかった低価格、完全なる加水分解処理、 滅菌及び殺菌後のリサイクル化を完成でき、既に各地に導入され実証済みの最新技術です。

従来の超臨界水システムは、22Mpa/374℃以上で問題点は酸化力が強く非常に扱い難く、設備費が高額、管理技術が必要と三重苦でした。EMIシステムは、20〜30気圧230℃以上30分の高温高圧加水分解処理であり、分解工程がオートクレープ滅菌処理と同様の方法でWHOの滅菌基準以上の設定になっているため驚異的な滅菌力を有しています。


これまでの臨界システムと新しい高温高圧加水分解装置EMIシステムの違い

<廃棄物処理の現状と実態>
日本の廃棄物処理は中間処理後、最終処分場へ運搬し、コスト高で、最終処分場業者の方針は埋めるのではなくリサイクル化となってきています。 これまで中間処理業者は廃棄コストを下げるため、中国へ廃棄物を輸出していましたが、中国が一部廃棄物の輸入を禁止し、今後中小の中間処理業者は廃業の一途を辿ることになります。

更に深刻なことは、日本は、ダイオキシン問題により従来の燃焼式廃棄は許可になりません。国は、溶融炉式を推奨していますが、溶融炉式は800°C以下の温度になった場合、ダイオキシンが発生する為、24時間ガス及び電気を稼働することにより莫大なコストがかかることが大きな問題です。更に、設置敷地面積が大きく近隣同意や許可申請の難しさを鑑みますと、とても中小企業レベルでは現実化できないものです。



高温高圧加水分解装置 EMIシステムの特徴

高温高圧加水分解装置 EMIシステムの特徴

<EMIシステムの特徴について>
廃棄物の問題である「分別」と「匂い」を解決し、廃プラ、畜産物、木材等、分別なしで処理可能です。従来の焼却法に比べ発生CO2を1/8に減少させ、ダイオキシンも発生させることがありません。さらに、このシステムの凄さは廃棄物からエタノールを生成できることです。また、処理物に混ざっていた金属・陶器・ガラス・生ゴム等の無機系物はそのまま残り、すべて完全滅菌されているのでそのままリサイクル可能です。特に医療廃棄物・畜産廃棄物では、病原菌や微生物、ウィルス、細菌、雑菌を滅菌または死滅させることが可能になりました。またこれらは既に設置された実システムで実証済です。


高温高圧加水分解装置 EMIシステムと一般的なプラントとの比較

・施設面積 1/10
・設置稼働までの時間 1/50
・処理時間 2〜3時間、分解は15〜20分
・滅菌能力 1/100万以上高い(WHO基準を超えている)
・コスト 設備資金、ランニングコストは半分以下に大幅削減
・許可問題 自社焼却許可なし、専門業者許可取得容易
 (※許可につきましてはEMIが取得します)

一般的なプラントとの比較


高温高圧加水分解装置 EMIシステム図

高温高圧加水分解装置 EMIの流れ

EMIシステム特許情報

特許第3832587号 「材料変換処理システム、材料変換処理方法およびこれらによる処理済み材料から成型される発熱成型体」


「EMIシステム」に関するお問い合せ
おい合わせフォーム